祐天寺駅付近の植物が多くあるスポット

祐天寺駅より徒歩で39分の地点に附属自然教育園があります。開園時間は9月から4月が午前9時から午後4時30分まで、5月から8月が午前9時から午後5時までで、毎週月曜日と祝日の翌日は休園です。入園料は一般と大学生が300円で、高校生以下は無料です。入園定員は300名で、団体は200名までです。園内にある路傍植物園にはシイの巨木が生えています。物語の松と呼ばれる老松もあり、松平讃岐守の下屋敷があった頃の面影を今日に伝えています。また、おろちの松と呼ばれる樹齢約300年の松の木もあります。森の小道ではケヤキやミズキの木を観察することが可能です。水鳥の沼にはサギやカルガモといった鳥がおり、その近くにはコナラ林があります。展示ホールでは巨樹の切株などの展示を見ることが可能です。ホール内にはミュージアムショップもあり、栞や絵葉書、模型キットなどが販売されています。種の模型キットは通信販売で買うこともできます。